無観客無料ライブ配信
2020年10月4日(日)14:30開演
横浜ラポール・ラポールシアター

YouTube address
https://youtu.be/v9lisWzG09I
アーカイブ配信中

Open State リメイク版(上演時間約10分)
オープンステイトとは、舞台用語で、照明が簡易で特別な器具などが何も使われていない、舞台上の全てがありのままに見える状態のことです。また、この言葉は、心が開いていて、いつでも変化を受け入れられる状態をそう呼ぶこともあります。今回2015年に初演、2017年に再演した作品を10分程度に短くまとめました。オープン・ステイトなトリオ作品をお楽しみください。


振付:Adam Benjamin
再構成:鈴木隆司
出演:天方真帆、
   平多理恵子、
   鈴木隆司

振付家プロフィール
 アダム・ベンジャミン

1991年、セレステ・ダンデカーと出会い、身体障害を持つダンサーと共にカンドゥーコ ”CandoCo” ダンス・カンパニーを設立。共同芸術監督を経て、現在、Plymouth UniversityのTheatre and Performance部の講師、伊藤キムなど多くのアーティスト達とのコラボレーションを行なう他、Vertigo Dance Company, Scottish Dance Theatre, StopGap などのカンパニーへの振り付けも行なう。ロンドンのThe placeのアソシエイト・アーティストでもある。著書に “Making an Entrance” (Routledge 2001)がある。

  adam

パワポル(上演時間約30分)
宮沢賢治の原作「つきよのでんしんばしら」を演劇的ダンス作品として演出しました。ある月夜の晩に「ドッテテ、ドッテテ、ドッテテド」と行進する電信柱達の掛け声とダンス。少年、恭平が目撃したものとは・・・? 美しいアニメーションを含め、月夜に繰り広げられる演劇的ダンスは誰もが楽しめる作品です。


原作:宮沢賢治
振付・構成:スズキ拓朗
出演:泉葉子、岩坪成美、
   鈴木隆司、
   手塚バウシュ、
   中西涼花
映像:青山健一

振付家プロフィール
 スズキ拓朗

振付家、演出家、ダンサー。ダンスカンパニーチャイロイプリン主宰。コンドルズ所属。第46回舞踊批評家協会新人賞、第9回日本ダンスフォーラム賞、2013年若手演出家コンクール最優秀賞、令和元年度文化庁芸術祭新人賞など受賞歴多数。紅白歌合戦、FNS歌謡祭など出演。NHK「みいつけた」振付出演、「文豪ストレイドックス」「刀剣乱舞」、帝国劇場など振付多数。多摩美術大学などで非常勤講師。

 

しぼむように、ひらくような(上演時間約5~10分)
(カンパニークラス作品)


出演:ひろみ、澁谷智志


スタッフ
照明:三浦 あさ子
音響:小早川保隆
舞台監督:河内崇
制作:ミューズ・カンパニー
統括:伊地知 裕子


Integrated Dance Company 響-Kyo
2014年、車椅子を利用するダンサーを交え、多様な身体性を活かして新しい舞踊表現を拓いていくべく設立、社会とアートをつなぐ活動として注目を集める。これまでに招いた振付家は鈴木ユキオ、Adam Benjamin、岩淵多喜子、Didier Theron、スズキ拓朗、Thomas Noone、平原慎太郎、AthinaVahala、黒須育海など気鋭の振付家らと作品を創り続けている。海外ツアーは2017年9月に英国PlymouthとBristolの二都市で公演、2018年には韓国KIADAフェスティバルにて招聘公演を行い、大きな反響を得る。ノーマライゼーション、インクルージョンといった言葉をダンスにおいて体現している。
アーティスティック・アドバイザー:Adam Benjamin
プロデューサー:伊地知裕子


文化庁委託事業
令和2年度障害者による文化芸術活動推進事業
(文化芸術による共生社会の推進を含む)

主催:文化庁(ロゴ) クリエイティブ・アート実行委員会
共催:社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団
この公演は、神奈川県の文化芸術活動再開加速化事業補助金を受けて実施しています。

お問合せ
クリエイティブ・アート実行委員会
(事務局:ミューズ・カンパニー)
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5-201
電話03-6426-5182 Fax03-6426-5183 e-mail: Musekk@aol.com 
e-mail: musekk@aol.com
URL: http://www.musekk.co.jp
facebook: https://www.facebook.com/artmusekk

HOMEへ戻る